二次会の予算

二次会の景品を準備するにあたっては何を購入するかをしっかりと考えていくことが必要です。予算に限りが無ければたくさん豪華なものを用意して華やかにすることができますが、実際にはそのようなことはできません。新郎新婦が多めに予算を考えてくれていたとしてもできるだけ予算は最小限にして残すことがマナーとされています。赤字となってしまえば新郎新婦に迷惑がかかるためです。

費用また、結婚式前後はとてもお金がかかります。結婚式の費用や二次会の費用はもちろんですが、それ以外にも新生活の準備やハネムーンのお金も必要です。その後赤ちゃんが生まれたりマイホームを購入したりすることも考えても少しでも予算の範囲内で納めて新郎新婦に還元できるようにすることが望ましいです。

そこで提示された予算は必ずすべて使わず1割程度は残る算段で計画を進めることが望ましいです。実際に準備が進んでいく中で不具合が出てくることも多く、予定外の出費が発生するということもあります。そのようなときに自分たちで自腹を切るのにも限りがあります。そこで予算を1割ほど残しておくとそこで調整がつけられるようになり後から予算が足りないということもなくなるのです。

You Might Also Like