注意点

多くの景品を用意するとなればその準備にも時間がかかります。特にリーズナブルに商品を用意するとなるとインターネット通販は不可欠です。しかし、商品によっては到着日が指定できないという場合もありますし入荷待ちとなってしまう場合もあります。そこで行動は早めにして少しでも早く手元に届くようにしましょう。

景品このような早めに準備することはいろいろなことに役立ちます。手元に早めに届けばラッピング作業も自分たちでできますから有料のラッピングを頼む必要が亡くなります。また到着した商品を確認して破損していたり動かなかったり箱が損傷していたりといったトラブルがあれば返品交換をしてもらっても当日までに間に合わせることができます

また、景品を用意する際には内容を第三者にも見てもらいその内容がおかしくないかも確認しましょう。皆で盛り上がって景品を用意していると内輪ノリで自分たちしか盛り上がらないようなものが入ってしまうこともあります。そこで、実際にもらったら嬉しいものであるのか、ギャグとして笑えるのか、といったことを第三者の意見も聞いてしっかりとジャッジするようにしましょう。万が一景品で盛り下がってしまうとそこから二次会が面白くないものになりますし、せっかくの大事な日が台無しになってしまうこともあります。

関連情報 – MY ROOM

景品選び

景品二次会の景品というのは二次会が盛り上がるかどうかということにとても大きな影響を与えます。万が一景品が地味なものになってしまうと盛り下がってしまうということもあり得ます。逆に豪華なものであり、なおかつすぐに豪華なものがすべて誰かの手に渡るのではなくやきもきする瞬間ができればかなりの盛り上がりとなり、多くの人が参加してよかったと思える二次会にすることができます。

そこで、このような盛り上がりにするためには二次会の景品選びというのはとても重要です。予算を考えながら、豪華なものを混ぜつつもリーズナブルながらもらって嬉しいと思えるもの、少しユニークなアイテム、ギャグ要素のあるものなどうまくバランスを取りながら用意をして盛り上げるようにしましょう

こういったいろいろなアイテムを用意することで景品の数も増えるので多くの人が何かを手にして帰ることができます。こうすることで不公平感も少なくすることができます。また、景品の数が多いことでゲームが盛り上がった状態も長く続けられます。数を増やすと予算もかかるようになりますから、インターネット通販やチケットショップなどを活用してうまく予算を抑えながら商品を用意するようにしましょう。最後に注意点について紹介します。

二次会の予算

二次会の景品を準備するにあたっては何を購入するかをしっかりと考えていくことが必要です。予算に限りが無ければたくさん豪華なものを用意して華やかにすることができますが、実際にはそのようなことはできません。新郎新婦が多めに予算を考えてくれていたとしてもできるだけ予算は最小限にして残すことがマナーとされています。赤字となってしまえば新郎新婦に迷惑がかかるためです。

費用また、結婚式前後はとてもお金がかかります。結婚式の費用や二次会の費用はもちろんですが、それ以外にも新生活の準備やハネムーンのお金も必要です。その後赤ちゃんが生まれたりマイホームを購入したりすることも考えても少しでも予算の範囲内で納めて新郎新婦に還元できるようにすることが望ましいです。

そこで提示された予算は必ずすべて使わず1割程度は残る算段で計画を進めることが望ましいです。実際に準備が進んでいく中で不具合が出てくることも多く、予定外の出費が発生するということもあります。そのようなときに自分たちで自腹を切るのにも限りがあります。そこで予算を1割ほど残しておくとそこで調整がつけられるようになり後から予算が足りないということもなくなるのです。

二次会の情報収集

結婚式の後には二次会をすることが定番となっています。やはり結婚式では呼びきれないゲストがたくさんいますし、若い人たちは結婚式よりもカジュアルな場が欲しいとも思うものです。そういった気持ちを考えると二次会というのはとても重要な位置づけとなります。

景品仲の良い友達が結婚するとなれば二次会の幹事を任されるということもあります。大事な友人の結婚式という門出ですから少しでも喜んでもらえるよう、ベストを尽くしたいと思うものです。そこで、しっかりと考えて二次会の景品は用意したいものです。

二次会の準備となれば景品の準備はもちろんですが、それ以外にもやるべきことがたくさんあります。会場選びや案内の作成、当日の余興の準備やゲームの内容決めなどたくさんのことをすすめなければなりません。仕事をしている人が多いですし、皆が簡単にすぐに集まれるわけでもないですから時間をうまく作ってどんどんと作業を進めていくことが必要です。

その中でも特に時間がかかるのが景品の準備です。そのため早いうちからいろいろとアイデアを出して準備を進めていくことが求められます。二次会の幹事をしたことが無いという人はしっかりとインターネットや本、雑誌を確品の準備で認して情報収集をして景品の準備内容や相場、アイデアといったものを知っておくことも重要です。直前になるとやるべきことがたくさんありますから、計画的に進めるためにも情報収集はしっかりとしておきましょう。